素人では危険?まずはスズメバチの生態を把握して蜂の巣駆除を依頼

スズメバチの見分け方は蜂の巣がポイント

もしも、自宅で蜂の巣を見かけたら、自分で退治しようと考えず、刺激しないように様子をうかがうようにしましょう。特に危険性が高いスズメバチの場合は、獰猛で俊敏な上に集団で襲ってくることもあります。

駆除作業を依頼する前に、まずは蜂の巣がある場所を探して、蜂の種類を特定してみましょう。その際は刺されないように、防護服を着用し帽子をかぶるなど、しっかりと安全対策を行ないましょう。蜂の姿を確認したら、十分な距離を保ちながら尾行します。飛行中の蜂は、蜂の巣作りに最適な場所を探しているか、蜂の巣に戻る最中の可能性が高いです。頭の良いスズメバチは用心深く、攪乱行動を行ないながら飛行します。蜂の巣の場所を特定できたら、蜂の巣材や外皮の模様に注目してみて下さい。特徴的な要素が見て把握できるはずです。

早期発見と早期駆除が、スズメバチ対策における最大のポイントになります。しかし、安全で確実に作業を行なうには、それなりに費用がかかってしまいます。ですが雑損控除の申請や、役所の事後申請サポートを活用することで、費用を安く抑えることができます。"

専門業者に作業を依頼する場合、駆除費用以外にもお金がかかることがあります。詳しい内訳を明確にしておけば、予算のイメージもしやすくなります。

蜂の種類や大きさ、凶暴性などでも駆除料金が変動します。都市部や住宅地で見かける蜂は、コガタスズメバチ・キイロスズメバチなど比較的小型な蜂ですが、オオスズメバチなど獰猛な種類であれば、駆除料金が高くなるでしょう。また、極端に安い料金を提示してくる業者には注意しましょう。何故なら、経験や知識の少なさを料金でカバーしようと考えているからです。駆除料金の安さを基準に契約したことで、トラブルが発生してしまうケースも報告されています。駆除作業以外に、別途で料金が発生する場合は、内容の内訳をしっかりと説明してもらいましょう。